アウトドア生活を楽しむ!

アウトドアの醍醐味というのはやってみないとわからないでしょうね。

やってみないと分からないというのは、本当に適切な言葉だと思います。

人間何事も新しいことを始めるのは結構な覚悟がいるものです。

私もどちらかというとアウトドアとは無縁の生活をしてきました。生まれつきどうも虫が苦手だったため、自分から進んで森や山の中に入っていくというのはあまり考えつかないことでした。

私のような人間は一般的によくいるのではないでしょうか。

それがどうでしょう、今では結構な回数を経験しています。日本のみならずカナダやアメリカへも出かけました。

家族で経験したテント生活は爽快そのものでした。

初めて現地に到着した時のことはよく覚えています。時間はもう夕方。あたりは暗くなり始めていました。

急いでテントを設営する作業を家族でしました。キャンプサイトに到着するまでに想定外に時間がかかったので結構焦っていたのは事実ですね。

焦ってはいましたが、持ってきたあかりをつけ淡々と作業を進めました。1時間ほどでやっと形になったでしょうか。始めてのことだったので手探り状態でしたが、、なんとか形にすることができました。

火を起こし、やっとありつけた夕ご飯の美味しさは今でも忘れることができません。

アウトドアオススメサイトを見つけました。<アウトドア体験ツアー.com

家族が一緒であれば子供たちにとっては一生忘れることのできない体験となるでしょう。あのプロセス全てが教科書のない学校のようなものです。

究極のホテル予約!

インターネットの威力ってすごいですね、、、。どこにいてもwifiさえあれば世界と繋がるって、、、すごいと思いませんか。

私は頻繁に旅行をしています。仕事がらみが半分なのですが、それでも毎回行く時にはワクワクさせられます、、、。

忙しい時には2週間に一回は成田空港に行っていたので、何か成田空港が自分の庭のように思えたこともありました。

いつも車を止めるところを決めていたので、まずはそこに車を停め、空港に送ってもらいます。チェックインをして、ラウンジへ、、。何か食べ物を食べて、ゆっくりパソコンと戯れるという感じす。

こんなことをもう何年やっているのでしょうか、、、。

でも、どこにいてもネットがあれば次の予定が取れます。まさに画期的な発明と言っていいでしょうね。つい20年ほど前まではまだまだインターネットは一般的ではありませんでした。

それ以前は、海外のホテルの予約といえば、本を買って自分で電話をするか、旅行会社に頼むかぐらいしかできなかったと聞きます。

それが自分で、どこにいても、簡単に世界中の宿泊施設と繋がるんですからね、、、こんなこと50年前の人たちに想像できたでしょうか、、。

人類数千年の歴史の中で恐らく最も画期的な発明の一つでしょうね。

究極のホテル予約<ホテル予約サイトおすすめcom

あくまでも楽に、お得に、、、どこにでも繋がってるんですね。

自分はどこにいても一人じゃないんですね、、、、。そうなんです、一人じゃないんです。パソコンや携帯があるだけで、、、世界と繋がってるなんて、、素晴らしいですね。

腰痛治療は毎日コツコツと、、、、

人間負担をあまりかけないレベルで毎日のエクササイズは必ず必要なのではないでしょうか。

それも若い時からのコンスタンスなでしょうね、、、と言っても、若いスポーツ選手の中にも腰痛に悩まされるというのはよく聞く話ですね。

まあ、彼らの場合はオーバーワークという可能性もありますが。。

私が知った限りでは、体を全く動かさない人の方が相対的に腰痛になる可能性があるようにも思えます。まあこれは素人見解ですが、、、。

腰や足が痛くなり始めても、適度な運動を続けることが最低限の防御手段なのではないでしょうか。動かすことが基本ですね。

私の知り合いはもう92になります。数年前から腰痛に悩まされ、手術以外に解決の方法はないと言われています。

でもそれでも適度に動かすことによって悪化を少しですが、抑制しているのも事実だと思います。彼女は以前は杖をついて歩いていたのですが、現在はゴロゴロの付いたカバンで動き回っています。

腰痛だって言っても、楽しみを見つけることも解決の一手ですね。何事においても楽しみを見つけないと前には進めません。

楽しみながら改善です。<腰痛改善治療.com

できるだけ負担をかけずに、でも継続して動かし続けることですね。動かさなくなるとなんとなく硬くなっていくのが実感できると思います。

嫌なことにも楽しみを見つける、、ですかね、、、。

英会話独学の極意!

街を歩いていて、最近外国の方が増えたのに気がつきませんか? 少し前と比べると信じられないような光景ですね。

この世はどんどん多様化しています。世界はどんどん小さくなってきています。あと数十年たったらどうなっているんでしょうね。

ますます国境なんて意味がなくなってくるように思えますね。いずれはそうなるんでしょうね、、、。世界はいがみ合ってるには小さすぎます。

そうなった時に、共通語って何になるんでしょうね、、、、それは当然英語ということになるでしょう。それ以外に考えられません。

そう考えると、英語を母国語にする人たちがうらやましいですね。習った英語じゃなくて、自然に何でも喋れたら、、、、って誰でも思いますよね。

まあ、ネイティブに今からなれと言われてもできないのは明らかなので、少しでもそれに近づく方法を考えましょう。

街で外国人に声をかけられても、なんの躊躇もなく返答出来たら、、どうですか、、。いいですよね、、。いいに決まっています。そうなんです。

英会話を好きになるサイト見つけました。<英会話教材おすすめランキング.com

道案内ぐらいはすらすら出来るようにならないと、、日本の未来も安泰とはいかないですね、、。受験英語に固守し、あまり使わないような英語に執着しなければならない現実の世界。これはなんとか打破しないとダメですね。

でも自分で色々とできるんですね、、、そうなんです。自分で解決法も見つかる今の世なんです。

英会話は世界への窓口です。😄

合宿免許を最大限にインジョイ!

何をするにも人生をインジョイできればそれに越したことはないですね。

どんな些細なことに対してもです。

私の友人がまさにそれを実体験しています。

日中は朝から実習の連続、毎日やるのがいいって言ってますね。

通いだとどうしても毎日というのは厳しくなってきます。街中の教習所だと便利は便利ですが、毎日車に乗れないこともあります。私の場合がまさにそれでした。

慣れていないと、ある一定の期間間が空くのは良くないですね。すぐに何か分からなくなってしまうものです。こういうことは体で覚えるしかないんですね。

通いだと何かと集中できないのも事実です。家にいると、食事の用意から、掃除、洗濯も頭をよぎります。家にいると数週間と言っても何もしないわけにはいきませんからね。どうしてもそういうことに時間を使ってしまうわけです。

友達などからの連絡や、誘いなど、、、無視できないことも多々あります。

要するに、実生活から逃避したほうがいいんですね。

いい参考資料です<合宿免許ドリーム.com

そうなんです、一度見知らぬところに逃避して完全集中したほうがいいんですね。

余計なことは完全に除外して、、そういうことです。

完全に集中して、実習と勉強に集中するということです。これしかないですね。

通学、通勤もなし、、掃除も食事の準備もなし、、テレビや電話、メールもほどほどにして完全に集中するんですね、、、。

完全集中です、、、。たった数週間のことなんですから、、。

夢を成就です。!! やりましょう! 勝利は近し!  😀

フランス生活あれこれ

フランスで遭遇したハチャメチャな経験を一つ!

パリから東の方に行ったモンサンミッシェルに行った時のこと、、。

友人たちとレンタカーをして意気揚々と向かいました。でも結構な距離なんですね。

高速は結構無制限の速度を出せたので、最高時速は180ぐらいはあったかも、、、。まあ快適なドライブでした。

モンサンミッシェルに着くと土を盛ったような道路の脇に広大な駐車場が広がっていました。でもこれがトラブルの始まりだったんですね。

まだフランス語があまり分かっていない時期だったので、そこに大きく書いてあったサインが理解できませんでした。

島に上陸し、軽く食事をした後、島のシンボルである修道院の見学を開始しました。

結構この見学ツアーが長いんですね、、、、、。数時間はあったと思います。

やっと最後の方に来た時、時はすでに夕暮れを迎えていました。島の頂上の修道院から下を見た時、潮が猛烈な勢いで押し寄せていました。ただそれが大事なことだとは思わなかったんですね。

この辺りの潮の満ちる速度はとんでもないスピードなんです。

やっとツアーが終わり、坂を下りていった時唖然とした光景を見ました。

駐車場のあたりが見えたんですね。

なんと、数台の車が海水の中に埋没しているんです。

私は信じられないスピードで走って坂を下り、30センチはあったであろう水の中を突っ走り、自分の車に乗り込みました。

エンジンは奇跡的にかかりました。なんとか走り出し、土手を登って道路に上がりました。

駐車をしたところはなんと海底だったんですね、、、。

思い起こせば、修道院を見学していた時、フランス語で車のナンバーを呼び出しているのを思い起こしました。

数台の車が流されました。

フランス語はマスターするに越したことはないですね、、、、

参考資料です、、<フランス語会話おしゃれ.jp

ブッキングドットコム

結構ブッキングドットコムってすごいんですね、、。

豪華なホテルからホステルレベルのところまで、完璧というぐらいに網羅しています。

海外の旅行に関しては、ここだけ見ていればまず問題なく世界1周ができるのではないでしょうか。

もちろん他にも色々なサイトがあるわけで、それぞれに長所、短所があります。でも色々比較するのは面倒だと感じることも多々あります。

多忙な身であればなおさらのことですね、、、もし一つで問題が解決するのであればそれに越したことはありません。一つを選ぶとすればそれは booking.com ですね。

それ以外には考えられません。圧倒的な品数の豊富さというところでしょうか。それだけとってもこのサイトの価値はありますね。

私の友人がまさにbooking.comだけで世界1周の旅に出ています。

カナダからバリへ、バリからベトナムの縦断。ホーチミンからハノイまで、、、

現在はタイのチェンマイ周辺にいます。これからヨーロッパを回って大西洋を横断してトロントにという感じです。

三ヶ月にも渡る旅行で一つのサイトだけで事足りるというのはとてつもなく便利ですね、、。旅行先ではネットに繋がる時間は当然制限されます。

今現在ではベストな選択でしょうね。

参考資料<ホテル予約booking.com

英会話テクニック!

バックパッカーって知っていますか?

日本人にはそれほどなじみのない言葉かもしれません。でも欧米の人たちにとっては結構みんなやってることなんですね。

決して豪華な旅行というわけではありません。相部屋であることもしばしば。

ほとんどの人たちはそれほどお金を持っているようには思えないのですが、中にはこういう旅行スタイルを好む人たちもいるんですね。

バックパッカーの最大の魅力は世界中から来た様々な人たちと知り合えるということです。豪華なホテルに滞在するのもいいですが、人と知り合うチャンスなんてそうはないですよね、、。

立派なホテルでいろんな人に話しかけたら、かえって変な人間に思われてしまうかも、、、というところです。

でもホステルなんかは、着いた途端に仲間がいるんですね、、。うまくいけば、その後一緒に観光をしたり、食事をしたり、、、。一人で寂しくなるなんてことがないんですね。

現地の人を含め、様々な人種の人たちと知り合えることを保証します。

でも、そこで自分の存在をみんなに伝えるのは英語なんですね。

英語は世界の共通語なんです。

そう考えると、英語の必要性って大きくないですか?

受験英語に没頭してきた普通の日本人からすると、英会話の必要性をひしひしと感じる瞬間です。

参考になるサイトを見つけました。<英会話ベスト教材.com

知らない人たちとの交流は、新しい自分の第一歩です。

理想のウエディングを現実のものにするベストな方法!

ウエディングまでたどり着くって大変ですよね。

結婚って単に相手と一緒に住むということだけではありません。様々なことが結婚によって変わってくることは誰にも想像のつくことです。

でも、そのハードルを超えて、結婚すると決意したとしても、様々な問題が待ち受けています。様々な物理的な問題ですね。

会場の日取りの調節からして相当苦労するでしょう。自分たちの希望の日にちが取れるかどうか、自分たちの仕事との調節。大安であるかどうかや金額面でどう変わってくるか、、、などなど問題は山積です。

お互いの着る服はどうするか、、、食事の献立は? 引き出物は? 宴会をどう進めるか? 生い立ちのビデオも作る? 式のビデオや写真はどうするの? 誰を呼べばいいの? 式の後はどうするの、、? どこに泊まるの、、? ハネムーンにはすぐに行くの?

考えればきりがないですね、、、。 そこまでやって果たして思い出深いウエディングができるのか、、、。疑問の連続です。

実のところ、私はこのような問題にただただ嫌気がさして、結婚式をしなかったカップルの一人でした。でも今考えてみると結婚式の写真も一枚もないのは何か寂しいですね、、。本当です。

結婚式はやっぱりやった方がいいと思いますよ。絶対に!

参考になるサイトがあります。<ハナユメウエディング.com

結婚式は絶対にやった方がいいです。それは保証します。いろいろな面から考えて、、。

ぜひプロの力を借りて、楽しく計画を完成させてください。

沖縄で最高のレンタカーは?

沖縄の魅力って一口では言い表せないですね。

本土とは何か違った雰囲気! なぜなんでしょうか。 まあ、日本全土どこに行っても雰囲気や外観がめちゃくちゃ違うなんてそうはないですよね。

北海道から九州まで街の雰囲気は日本に統一されています。もちろん、若干の違いはありますが。

沖縄は違うんですね。厳密に言えば日本民族とはちょっと違う民族だからでしょうか。外国だったと言えばそれまでなんですが、、、。

明らかに違う雰囲気を求めるのであれば、沖縄は格好の目的地ですね。外国に来たって感じがします。

小さい島だと思われていますが、結構大きいんですね。鉄道が基本ないのが沖縄の特徴の一つです。

ということは、足が必要ということになりますね。もちろん公共のバスはありますが、車がないと結構不便でしょうね。大人一人に一台は必要かもしれないですね。

とにかく、飛行場に着いたら即車を手に入れないと、、、、という感じですね。

手に入れたら、自由気ままにどこにでもという感じです。

こんなサイトを見つけました。<ニッポンレンタカー沖縄.com

レンタカーは信頼出来ることが一番です。何事もなかったかのように借りて、何事もなかったかのように返却する、、、これですね。

思い出に残る記憶は旅行の楽しい記憶にとどめておきましょうね。